事業案内

パネル

曲げ加工

職人の腕、魅せます!

抜き工程を経た"平面状の板"を立体化する「曲げ工程」は板金加工において、最も技術的ノウハウが発揮されるところです。弊社では、標準的な角度曲げ(V曲げ)、ヘミング曲げ、段曲げ(Z曲げ)やR曲げ等、各種曲げ加工に対応致します。

Z曲げ

Z曲げ

Z曲げ加工実績一覧

上記にてご覧になれない場合は、こちらから直接ダウンロード可能です。

へミング曲げ

へミング曲げ

ヘミング曲げ加工可能一覧

上記にてご覧になれない場合は、こちらから直接ダウンロード可能です。

曲げ可能最低寸法

L寸保証値

厚み(mm)/素材 鉄(SPCC, SECC) アルミ SUS304 SUS430
0.8 3.0 3.0 3.0 3.0
1.0 3.0 3.0 3.0 3.0
1.2 3.0 3.0 3.0 3.0
1.5 - 5.0 5.0 5.0
1.6 5.0 - - -
2.0 5.0 5.0 6.0 5.0
2.3 6.0 - - -
3.0 - 8.0 8.0 8.0
3.2 8.0 - - -

曲げによる強度向上策

曲げを追加すれば、強度を上げることも期待できます。

曲げを追加で強度を上げる

無理曲げによるリスク

無理曲げすると、クラックの原因になります。
また、繰り返し応力が加われば、いずれは破断する場合もあります。
外観的に問題なければ、避けることをお勧めします。

無理曲げはクラックの原因

曲げコブ

  • 曲げコブ
  • 曲げコブ

曲げの近くの穴変形

  • 外側は引っ張られてダレてしまいます
  • 内側は圧縮されて縮んでしまいます。

この穴位置と曲げの位置の限界加工の関係は

  • 曲げの塑性変形の影響をなくすために逃げ穴を作ります。
  • 逃げ穴

どうしても、この位置より、内側に穴が欲しい場合は写真のような逃げ穴を設けましょう。

このページのトップへ